未分類

筋トレが癌の予防や治療に貢献する

筋トレが癌の予防や治療に貢献する プレハビリテーションのご提案

癌の治療が成功して長生きする為に必要なものは、筋肉です!

癌の治療が上手くいくかの決め手となるのが患者さん自身の筋肉なのです。

ふくらはぎの筋肉がしっかりしている人は手術を乗り越えて、癌が治る事が多いのです。

また、ふくらはぎの筋肉が落ちて細い方は、施術後の合併症が増えて癌が再発して亡くなるという方が多いのです。

多くの研究データによって裏付けられた事実なのです。

筋肉がしっかりある患者さんの方が合併症が少なくて生存期間が延長するという多くの研究が結果がありわかっている為、プレハビリテーションが重要になるのです。

また、抗がん治療中においても筋肉の量が減ると治療の効果が低くなって生存期間が短くなるという事も報告されている。癌の診断後にも筋肉が保たれている患者さんは筋肉が減ってしまう患者さんよりも治療の成績が良くて結果的に長期に生存出来る可能性が高くなる為、プレハビリテーションが重要なのてす。

多くの癌患者さんが筋トレをする事により、筋肉が維持されて治療がうまく行く事がわかっている為、プレハビリテーションが重要なのです。

プレハビリテーションとしての運動施設をご検討の方

検討の方はこちら

 

例えば癌の手術前に筋トレを含めた運動をする事により、合併症が減るという事がわかっていますのでプレハビリテーションが大切なのです。。

また、抗がん剤治療中に副作用が減って治療を長く続けられる事がわかっています。

筋トレをする癌患者さんは生存期間が延長するつまり長生きするという研究データもあるのです。

これはアメリカで実施された2863人の側と診断されたサバイバーを対象とした研究です。アンケートによって筋トレを(週1日以上のウエイトトレーニング)をしているかどうかについて調査を行った。その後生存期間との関係を解析した結果は、筋トレをしている癌患者さんは、筋トレをしていない癌患者さんに比べ全生存期間が延長しており、癌を含めた全ての死因による死亡リスクが33%も減少しました。筋トレをする癌患者(ガンサバイバー)は、長生きする事を証明する研究結果だと考えられる。

一つの指標としてアメリカ癌協会による『がんサバイバーの為の栄養と運動ガイドライン』ては1週間に150分(2時間30分)以上運動することに加えて1週間に2回以上の筋トレを運動に含むことを推奨している。筋トレは負荷が軽すぎると意味かありません。少しきついと感じる筋トレを1週間に2回、3回行う事がいいと思います。上半身、体幹部、下半身の筋肉を意識した筋トレメニューを実行する事が大切。

将来、癌で死なない為には、筋トレが大切になるのです。

癌になった時に備えて筋肉や筋力を備えておくと癌による死亡リスクを減らす事かできる事がわかっているのでプレハビリテーションが必要なのです。

プレハビリテーションとしての運動施設をご検討の方

検討の方はこちら

 

関連記事